HOME > はじめに

 

新学術領域「脳内環境」の目指すもの
高橋良輔教授-京都大学医学研究科-

これまでの脳神経科学の研究の主役はニューロンでした。たとえばアルツハイマー病やパーキンソン病をはじめとする神経変性疾患では、「なぜニューロンが死ぬのか」という問題に研究の焦点があてられ、その過程で、異常タンパク質の蓄積、オルガネラの機能障害などの神経変性メカニズムが明らかになってきました。

しかし、いったん始まった変性過程がどのように進行するのか、なぜ病変が一か所にとどまらずに広がっていくのかが追求された結果、グリア細胞が関わる炎症の役割や、神経細胞から周囲の細胞への変性タンパク質の伝播という予想外の生命現象が新たに見出されました。つまり、これまで脇役と考えられていたグリア細胞や、ニューロンと周囲の細胞の相互作用の重要性が認識されるようになったのです。

本領域ではこのような脳内の細胞間相互作用によって形成・維持される「脳内環境」の解明に焦点を当てます。「脳内環境」の理解には、グリア神経生物学、神経発生・再生医学、神経内分泌学等の基礎神経科学や、細胞・組織・個体レベルでの分子イメージングの手法が不可欠です。本領域では「脳は多彩な細胞群からなるコミュニティーである」との共通認識のもと、基礎神経科学者と疾患研究者が積極的に共同研究を行い、「脳内環境」がいかにニューロンの健全性を保っているかを明らかにします。

同時にこれまでニューロンの解析だけでは理解できなかった脳内環境の破綻により生ずる精神・神経疾患の病態を解明し、新たな発想に基づく疾患バイオマーカー同定や治療戦略創出を行います。

領域代表: 高橋良輔 (京都大学 医学研究科 臨床神経学・教授)